Godbless The Moon

ゴッドブレス ザ ムーン。おずねこ、の模型倉庫です。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ハイゼンスレイ

Comment (2)  Trackback (0)

ハイゼンスレイ

haizen01.jpg

haizen02.jpg

haizen03.jpg

haizen04.jpg

haizen05.jpg

haizen06.jpg

haizen07.jpg

haizen08.jpg

haizen09.jpg


2007年作、です。

電撃ホビー誌に連載されていた「A.O.Z ティターンズの旗のもとに」を原典とした機体です。
ガブスレイの実験機をコンセプトにした、オリジナル機体(というほど大げさなものではないか)。
コンペイトウで改良されていますが、ルナツー産の試作TMSなのでRX-118を型式としています。
(ちなみにRMS-117はガルバルディβ、RMS-119がアイザックなので、その間のナンバーを勝手に振ってしまいました。試作機なのでRXナンバーとなります)
ヘイズルガンダムの基本フレームに増加パーツとムーバブルフレームの腰部、脚部を接合……実験結果はルナツーに差し戻され、その後に勃発したグリプス戦役の渦中にガブスレイとして完成、シロッコの手によりバイオセンサーを組み込まれる……というような想定です。

作品はHGUCヘイズルをベースにガブスレイの脚部を組み合わせ、キットの可変も生かしています。ガブスレイの原型としての雰囲気を出すため、パーツ構成を似せた一方、脚の外装などはヘイズルとの一体感を出すため角張った形状にスクラッチしています。ポイントはガンダムのデザインフォーマットに合わせてガブスレイに手を加えたこと。
塗装はT3部隊らしい基本塗装に、ウォッシング、半光沢クリアーで仕上げました。デカールはガンダムデカールのA.O.Zシリーズ用。
電撃誌のコンペに間に合わせるため、各キットを購入してから撮影まで3週間ジャストという、私としては高速作業にて完成させました。

2007年、電撃ホビー誌ヘイズル強化コンペにてフリー部門1位をいただきました。
このときシニア部門1位に輝いたのが、現在「模型開口堂」ブログを運営されている寺澤さん、非常に精密な加工で見応えのある作品でした。


なお、ハイゼンスレイという奇妙なネーミングについてはまた次回……。
スポンサーサイト
プロフィール

おずねこ

Author:おずねこ
模型の画像置き場としてブログを始めました。
製作記事を書くことは苦手なので、倉庫の機能しか持たないと思いますが、どうぞご観覧ください。

最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR

12345678910111213141516171819202122232425262728293004 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。